会社案内Company

「技術の向上」を常に意識し、日々挑戦

ミット精工は、入間市根岸の武蔵工業団地の一角に、本社と第1・第2工場を構え、精密機械加工と治具の作成組立を中心とした金属加工事業を行っております。
代表の吉本が、それまで18年間培った金属加工の技術・知識を自分なりに事業化したいという志から、平成3年3月に創業。当初は、工業団地内の40坪程度の貸工場で、昼は機械を回し、夜はバリ取りの日々を送りました。

平成11年、所沢の新工場で、半導体装置の加工部品や、水晶発振子製造装置の治具を製造し、業容は大きく拡大します。
このとき、水晶体振子の搬送トレイが次第に微小化、より精密さを増していくことに、金属加工の新たなる展望を持ち、精度の向上に取り組みます。
マシニングセンターなど、最新設備と、長年培ってきた技術により、高精度な加工技術の実現を目指したのです。

当社の経営理念は、「日々挑戦」です。
これまで、加工精度の向上とコスト低減により、お客様から高い評価を受け、口コミによる評判で多くのご注文をいただいております。
今後も「技術の向上」を常に意識し、社員一丸となって、高品質の製品作りに挑戦していきます。

会社概要

会社名 株式会社ミット精工
代表者 代表取締役 吉本 豊
本社・第一工場 〒358-0034
埼玉県入間市根岸78-2  
TEL:04-2935-0666 
FAX:04-2935-0667
第二工場 〒358-0032
埼玉県入間市狭山ケ原323-2 
TEL:04-2935-1400 
FAX:04-2935-1401
設立 平成3年3月 (創業:平成2年9月)
資本金 300万円
従業員 38名(2017.11月現在)
営業品目 NC旋盤
マシニングセンター
ワイヤーカットによる機械加工と治工具の作成組立
主要取引先 日本電波工業株式会社
光村印刷株式会社
YACガーター株式会社
株式会社東精エンジニアリング
オークエンジニアリング株式会社
株式会社安川電機
株式会社マスダック
株式会社タムラ製作所
株式会社シンワバネス
取引先銀行 青梅信用金庫 入間支店
飯能信用金庫 入間市店
西武信用金庫 三ツ原支店
  • 画像

    本社外観

  • 画像

    第二工場

会社沿革

平成2年9月 入間市中神にミット精工を創立
平成3年3月 有限会社ミット精工として法人化
平成11年9月 所沢市林に会社移転:半導体治具の設計製作
平成16年3月 入間市根岸に300坪取得
平成16年12月 新工場完成に伴い本社工場を入間市根岸78-2に移転
新規設備:マシニング3台増、社内設備LANの構築
平成18年 新規設備5台:マシニング、ワイヤーカット、CNC三次元測定機
平成19年 第二工場 入間市上谷ヶ貫528-1に設立
平成21年 第二工場 入間市二本木628-3に移転
平成22年 新規設備5台:5軸マシニング、ワイヤーカット
平成23年 新規設備:大型5面マシニング、大型CNC旋盤、CNC三次元測定機
平成24年 新規設備:マイクロスコープ1台、ワイヤーカット1台
平成25年 新規設備:ブラストキャビネット1台、ワイヤーカット1台、NC旋盤1台、平面研削盤1台
平成27年 第二工場 入間市狭山ヶ原に700坪取得
平成27年 株式会社ミット精工に変更

アクセスマップ